Copyright © DENIAU Sogokenkyusho LTD.

 
​ラ・ロシェール(La Rochère)とは

1475年にフランス東部の町ラ・ロシェールに設立されたフランス最古のガラスメーカーです。

ブランド名ともなっているラ・ロシェールはロレーヌとフランシュ・コンテの境界に位置し、ガラスの製造に必要な燃料となる木材、珪砂、石灰質の土壌、カリ灰を作るための植物などが、豊富にあり、大変自然に恵まれた土地です。

設立当初から独自の技術を用いて窓ガラス(板ガラス)の生産をしていましたが、70年代になると、ガラスの機械製造が可能になり、ラ・ロシェール社はガラスブロックやタイル及び、プレス製造のガラスを作るようになりました。
1636年に30年戦争のため、工場は閉鎖となりましたが、1858年には新しい経営者により再興され、現在もその子孫がラ・ロシェール社の経営を引き継いでいます。
現在は建築材料のガラスタイルから、食器、ランプ、アクセサリーと多岐に及ぶ分野に向け製造を行っています。

所在地 : 70210 PASSAVANT LA ROCHERE
社 長 : M. GIRAUD Antoine

History

1475年 設立
1636年 30年戦争のため、工場は閉鎖
1660年 工場を再開
1810年 テーブルウェアの開発開始
1858年 新しい経営者により再興現在もその子孫がラ・ロシェール社の経営を引き継いでいます。

ラ・ロシェール社概要

ガラス製造技術を保護しながら、製造技術を開発させていくために、ラ・ロシェール社はその活動を4つの部門に分け、それぞれを発展させることにしました。

ラ・ロシェールの4つの柱

LE LYONNAIS <リヨネシリーズ>

​上品で繊細な印象のダイアモンドカットとティアドロップのモチーフは、様々な雰囲気のテーブルコーディネートに。人気のシリーズです。

ABEILLE <アベイユ>

VERSAILLES <ベルサイユシリーズ>

CAFE <カフェシリーズ>

ROMANTIQUE <ロマンティックシリーズ>  -パリ博物館復刻シリーズ-

SAPPHIRE <サファイヤシリーズ>

 
代表的なモデル

パリ博物館の依頼により、復刻版18世紀・19世紀のテーブル用ガラスセットを復刻するプロジェクトや有名デザイナーとのコラボレーションなど、ラ・ロシェール社の伝統技術を受け継ぐガラス職人により、ハンドメイド、マシンメイドでのガラス製品を作り出しております。

ラ・ロシェールのガラス品質

設立当初は"ハンドメイドやブロー"などの、ブローや型押し、カットやデザインを施した、レストランやビストロ向けの業務用が中心でした。

クリスタラン

ラ・ロシェール社のハンドメイド製品に使用される”クリスタラン”ガラスは品質がクリスタルに近く、指ではじくと非常に澄んだ音色を出します。特に透明度と輝きが優れています。
環境問題でその害が指摘されている酸化鉛は使用しておらず、安全な酸化バリウムを使用しています。

ラ・ロシェールのガラス仕上げの技術

バブルグラス

クラックグラス

ゴールドリムグラス

カットグラス

 
デザイナーの紹介

1948年生まれ。
装飾アートの学位をパリで取得後、1979年に自身の事務所を設立する。
国内外の建築プロジェクトの指揮、パリの大型店舗&コンセプトストアの内装や、文化的な展示会の装飾、グラン・パレ、ポンピドゥセンター、パリ近代美術館を手掛ける。
家具の製作に情熱を注ぎ、椅子&照明を作製。特にパリ近代美術館向けに作製した "Lizie"という名の椅子は、イタリア工業デザインの最高権威である「コンパッソ ドロ賞」を受賞。
建築からデザインの分野において、彼のデザインはユーモアを匂わせた機能性へラジカルにアプローチしている。

Regis Protiere -レジ プロティエール-

1974年生まれ。
サンテティエンヌ美術学校にてデザイン高等過程修了。
Barnardaudにて企業研修を行い、そこで陶芸を始める。数々のテーブルアートの作品を輩出しており、Acordifからキャラフェ、Couzon( http://www.amefa.com/couzon/)からテーブルカバーを発表。
2人の仲間と共に様々なグラフィックやデザインのプロジェクトを手掛け、2006年にはサンテティエンヌで開催のビエンナーレの「Design et Shop(デザイン&ショップ)」において、ラ・ロシェルのガラスカップの"磁器"版を出品する。
学校の子供たちとのアートプロジェクトの主催しており、食堂の装飾カバー、図書館の家具、花壇、休息用の家具を製作。オブジェやの役割や形を再考することや、人々が交流し、意見を分かつ場をアート活動の拠点とする。

Fabrice Gibilaro -ファブリス ジビラロ-

designers_03.jpg

1971年生まれ。
パリにて応用芸術の高等教育を受けた後ガラスへの情熱に目覚め、
消費者がアートを機能性の備わった形で体感してもらう事に尽力している。 
"バカラ"、"ルイ ヴィトン"、"ヴァイル(Weill)"などの有名ブランドとコラボレーションしており、国際的にも知名度は高い。
バカラのプロジェクトでの6ヶ月間の京都滞在は、彼女の芸術をより完璧なものへと高めた。

自らのアトリエLA BOUCHERIEを主催。

Laurance Brabant -ロランス ブラバン-